修理不能なケースもある

修理屋さんたとえ靴修理の専門業者であったとしても、中には修理できないケースもあります。修理可能かそれとも修理不能かの分岐点は業者によっても異なりますので、近場の修理屋さんに依頼する際には、まず修理が可能な状態なのかどうかを相談することになります。修理不能なケースの例を挙げると、ヒールブロックが折れていたりねじれていたり、曲がっている状態が挙げられます。またヒールブロックと本底との間に隙間ができてしまっている状態なども修理不能としていることがあります。この他にも素材が劣化していて、別の物と取り替えられないような状態も修理不能にされていることが多いです。メンズシューズの場合には、エアクッション入りだと修理できません。また、靴の種類についても、修理を受け付けていない種類がありますので注意が必要です。レインシューズや雪駄、下駄、ビーチサンダル、スニーカーなども修理サービスの対象外とされていることがあります。

大切な靴は修理をすることで、多額の費用をかけることなく再度履けるような状態に戻すこともできます。革靴などの場合には買い換えると価格も高いので、壊れた際には安く修理できた方がありがたいものです。まずはお近くの靴修理専門店にて相談してみることをおすすめします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket